自分の言いたいことをはっきりといえない

  • Posted on 8月 7, 2015 at 2:35 PM

夫に対して、自分の思っている気持ちをはっきりと言うことができなくて困っています。

若い頃は頭で考える前に思ったことを口に出して言うことが多く、自分はハキハキとものをいう性格だと思っていたのですが、30才後半あたりから、口に出して言うよりも頭の中で考えすぎてしまい、思ったことを口にだしてはっきり言うことができなくなりました。

年齢的に、口に出す前に相手の気持ちを考えるようになったのかな?と思ったのですが、例えば、夫が言った言葉や態度で私が嫌な思いをしてそれを言いたい時など、こういう言い方をしたら相手が嫌な気持ちになるだろうな、とか今これを言ったら雰囲気が悪くなるだろうな、と考えているうちに、タイミングを逃して言う機会がなくなってしまします。

夫と何かのことで意見が違う場合なども、私が今ここで自分の意見を主張しようとしても、夫のほうが強く言ってくるだろうから無理だろうなと先回りして考えてしまい、自分の意見は言わずに会話が終わってしまうこともあります。

そういうことが何度も続くうちに、自分の言いたいことがその場ですぐに言えないストレスが溜まってきて、自分でもすごくもやもやした嫌な気持ちになっているのがわかるのに、それでも今更この前のことを今ここで説明しても、と思うとまた言えなくて自分で自分にいらいらします。子供に対しても、今ここでこういうことを言ったら後々ごねてめんどうなことになるかもしれない、とか、子供が何かお願い事をしてきたときに、私がそれをだめだよ、できないよと断った後、子供のすねた顔をみて、ダメと言った事を翻して、じゃあいいよ、好きにすれば、などといってその場を丸くおさめようとしてしまいます。

頭では子供の教育上、一旦ダメといったことをすぐにいいよと翻すのが悪いことだとはわかっていても、同じことを繰り返してしまいます。

考えすぎというよりも、自分の言いたいことを言った後に起こるかもしれないめんどうなことを予想して言いたいことをはっきり言えないのかもしれません。

自分の言いたいことが言えないがために、毎月生活費がカツカツでまとまった出費や急な出費があったには、お金を借りていることも言えませんし、お金が足りないとも言えません。。。。

専業主婦でも借りれる消費者金融でお金を借りています。⇒参考サイト

借金をすることは絶対に良いことではないですし、借金をする人に対して少し偏見を持っていた私。。

しかし、私がこういった生活になり、消費者金融がなければ私たちはどうなっていたんだと考えると、消費者金融がある意味だったり、利用してしまう方たちの気持ちも分かるような気がしました。でも、働いてもなくて借金まみれになるような借り方をしている人にはどうかと思う気持ちはあります。

会社によって、融資の条件として指定時刻までに所定の処理が終わってないといけない、という具合にさまざまに決められています。大急ぎで即日融資が希望ならば、申込の条件にもなる最終時刻についても把握しておいた方がいいでしょう。
当然ですが、カードローンの事前審査では、すぐに必要としているのが20万円の場合でも、カードローン会社の審査を受けた本人の持っている信用度によっては、100万円、あるいは150万円といった信用度を大きく反映した制限枠が定められる場合も多くはないのですが実際にあります。
実はカードローンの会社には、銀行系や信販系の取扱い会社、審査が早くて人気のアコムとかプロミスなど消費者金融系の会社というものがあるのです。この中で銀行関連の会社については、申し込んで審査完了までの時間を要し、申し込んでも即日融資については、不可能な場合もあるわけです。
銀行から借りた金額については、法による総量規制からは除外できますので、カードローンで融資を受けるなら、銀行以外は選ばないほうがいいと考えられます。借金については、年収の3分の1未満までしか、融資を銀行以外から受けることはダメなんだという内容になっている規制であり、これが注目の総量規制というわけです
利用者も多くなってきたキャッシングは、いわゆる銀行系と言われているキャッシング会社などの場合は、よくカードローンと紹介されたりしています。広い意味では、融資を希望している人が、各種金融機関から借入を行う、小額の融資を受けることを、キャッシングと呼称することが多いようです。

決められた日数までは無利息でOKの、非常にうれしい即日キャッシングをちゃんと計算して利用することが可能なら、金利に悩んで困るなんてことがなく、キャッシングで借り入れ可能なので、気軽にキャッシングが実現できるキャッシングサービスなんですよ。
あまり間を空けずに、二つ以上の金融機関などに、新たなキャッシングの申込がされているようなという場合では、行き詰まって資金繰りに駆けずり回っているような、悪い印象を与えるので、その後の審査で残念ながらNGになる原因になりかねないのです。
キャッシングの申し込みをしたら事前審査の際に、仕事場に電話連絡があるのは、どうしても避けられません。この行為は実は在籍確認といって、申込書に書かれた勤め先に、偽りなく勤続しているのかどうか確かめるために、今の勤務場所に電話をかけて調査しているというわけなのです。
どうしても借りるなら、可能な限り少額にして、なるべく短い期間内で返済できるようにすることが最も大切なことです。便利なものですがカードローンを利用すれば借り入れすることになるので、借りたものを返せないなんて事態にならないよう十分に余裕をもってご利用ください。
店頭以外には無人契約機を使って、申込んでいただくなんてやり方でもかまいません。店員はいない申込コーナーで機械を使って新規申込みを行うので、最後まで誰にも会わずに、便利なキャッシングで貸してもらうために必要な申込ができちゃいます。

カードローンによって利用した金額が多くなれば、毎月返すことになる額だって、多くなるのです。便利なので忘れそうですが、カードローンというのは単純に借金なんだという意識を持って、融資のご利用は、必要最小限に抑えて返済能力を超えることがないようにすることが大切なのです。
普通の方が「審査」なんて固そうな言葉を見てしまうととても手間がかかることのように想像してしまうことも少なくないのも仕方ないのですが、特に問題がなければ審査のためのデータやマニュアルを使って、あなたは何もせずにキャッシング業者側がやってくれるものなのです。
お手軽に利用できるキャッシングとかカードローンなんかで、希望額の貸し付けが決まって借金するのって、思っているほどイケナイことではないんです。悪いことどころか昨今では女性のみ利用可能な女性にはありがたいキャッシングサービスもみなさん使っていますよ!
当日中にでもぜひ貸してほしい額がキャッシングできる。それが、多くの消費者金融で取り扱っている即日キャッシングというわけ。簡単に申し込める審査を受けてOKさえもらえれば、超スピーディーに必要としているお金を手にすることができるキャッシングサービスなんです。
利用者が増えているカードローンを使うことの大きな魅力というのは、365日いつでも時間の制限なく、返済可能なところですよね!どこにでもあって年中無休のコンビニのATMを窓口として使えば移動中に随時返済だって可能だし、インターネット経由で返済!というのもできるのです。

 

 

コメントを残す