You are currently browsing the archives for 12月 2015.
Displaying 1 entry.

家賃補助がなくなる

  • Posted on 12月 25, 2015 at 2:41 PM

転勤族の妻です。

夫の会社では、転勤をすると家賃補助がでます。

もちろん、転勤をしていない社員にも家賃補助は出ていますが、転勤をするとその金額は一気に跳ね上がります。

転勤をして5年間は、会社が7割負担してくれます。(もちろん上限はあります)

6年目に6割になり、7年目に5割、8年目に4割、9年目に3割、10年目に2割、11年目以降は1割が続きます。

当初の予定では、5年以内にはまた別の場所へ転勤するだろうと言われていました。
そのため、家賃の高い関東へ引っ越してきたときもそれほど深く考えていませんでした。

なにしろ半額しか自己負担がないので、それまで住んでいた田舎とほとんど変わらない金額で同じくらいの間取りに住めたのです。

同じくらいの広さ・間取りの部屋でも、田舎と関東では倍くらい家賃が違います。

駐車場代も考えたら、田舎よりも少し狭い部屋に住むことになりましたが、半額の自己負担はとてもありがたいことでした。
ですが、5年以内の転勤はありませんでした。

夫が本社に必要とされているのだから喜ぶべきことなのでしょうが、年々自己負担が増え、11年目が目前に迫っています。

家賃補助がどんどん減っていっても、お給料がその分増えればなんの問題もありませんが、昨今の不景気でお給料はほぼ横ばい。減らないだけマシですが。

家賃の支払いが増えたぶん生活も窮屈になっていて、大きな買い物をする時には銀行でローンを組まないといけないくらいになっています。
銀行カードローン

このまま自己負担9割で高い家賃のマンションに住み続けるのか、会社から遠くなって通勤に時間がかかる場所で安い家賃のマンションに引っ越すのか、とても悩んでいます。

転勤とは違い、自己都合での引っ越しは会社から補助は出ません。

敷金礼金引っ越し代金を全部自分で支払って、それでもなお、家賃が安ければ数年で元を取れるのですが・・・引っ越した途端に転勤することになったらと考えると、なかなか踏み出せずにいます。

不動産として家を購入することも考えましたが、転勤を考えるとこちらも踏み出せず。

夫は長男で、地方にある実家は土地も家も持っています。夫はいずれそれを継ぎます。そうなると、関東にいる間は賃貸でいいとも思うのです。

このままでは、銀行でのローンばかりが増えて行き、返済をしているとその分また生活費も圧迫してくるので悪循環ばかりです。この悪循環からも抜け出すために、毎日悩みがつきません。

11年目が目前に迫るまで関東に住むことがわかっていたら・・・最初から安いマンションを探したのに・・・と、後悔もあります。
引っ越しをするか、このまま住み続けるか・・・まだまだ悩みそうです。